「古九谷」余滴  ⑨―③  私の「古九谷」   

2012年 09月 12日

   「古九谷」余滴   ⑨ー③     私の「古九谷」

 いわば「古九谷」は、こうした流れの集大成であります。それは「伊万里」の様式化したものでもなければ、景徳鎮のコピーでもありません。そこには、まったく異質の世界観が展開します。それは、専制君主の圧力で出きたものでもなければ、量産志向のためのデザイン化でもありません。そこには、何ものにもとらわれない自由さと、自然を見つめる厳しい感性が息づいています。まさに、天才アーチスト田村権左右衛門の個性が光ります。「古九谷」は実に不思議な世界を形成し、私達に迫ってきます。私はそこに宗教を見ます。より完璧なものを求めた中国陶磁は、日本の文化圏に入り一段と神に近づくことになります。
[PR]

by hirai_tom | 2012-09-12 14:43

<< 「後藤宗家系図」と加賀後藤 古九谷余滴    ⑨―②  ... >>