5-1   

2010年 02月 23日

権十良と別れ曽良、巳の刻、泉屋へ戻る。

「あっ、曽良様。曽良様がおもどりなされましたよ。お帰りなさいませ。これはまた、随分とお召し物が汚れて。」
「ほれ、薬草探しでこの通りじゃ。あっはっは、あっはっは。」
「皆様御心配なされて、北枝様はもう何べんとなく出られたり入られたりでございます。」
「左様か、お師匠様には断りを入れてあります程に。」
「ささ、御身足を洗われて、皆様お待ちかねでございます。」
「誰ぞ来客かな。」
「はい、当家の御親戚筋の、出蔵屋様が」
「おう、噂に聞いた出蔵屋自笑。こちら様の御兄上と聞いたが」
「はい、この泉屋の御姉様が嫁いでおられます。」
「久米之助様に俳諧の手ほどきをなされたお方かと、これはすぐにでもお会いせねばなるまい。」
[PR]

by hirai_tom | 2010-02-23 18:29

<< 5-2 4-10 「古九谷」 余滴  ... >>