13-1   

2010年 07月 08日

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
(↑ポチッと)
 八月 五日(陽暦 九月十八日)
      朝曇。昼時分、翁・北枝、那谷へ趣。明日、於小松、生駒万子為出会也。[][][]則従シテ帰テ、即刻、立。大正侍趣。全昌寺へ申刻着、宿。夜中、雨降。

  『おくのほそ道』での翁、この日の記述。
 曽良は腹を病みて、伊勢の国長島という所にゆかりあれば、先立ちて行くに、
     行き行きて倒れ伏すとも萩の原           曽良
と書き置きたり。行く者の悲しみ、残る者の憾み、隻鳧の別れて雲に迷ふがごとし。予もまた、
     今日よりや書付消さん笠の露

 この日、那谷寺方面へ向かう芭蕉・北枝を黒谷橋で見送った曽良は、大聖寺へと旅立つ。     
曽良は泉屋が旦那である全昌寺に申の刻に着き、泊まる。外は雨である。
「御客人、田村様が御出でに御座います。」
「左様ですか、どうぞ御通し下さい。」
「暫らく御無沙汰致しておりました。」
「何をおっしゃいます。福井での工面をして頂き、御苦労をお掛け致しました。」
「此処は年寄りにお任せを」
「何々、御師匠とは少し御年をと聞き及んでおりましたが、奥山での健脚には参り申した。」
「処で、師匠は今日は小松で」
「左様で。明日は生駒万子様と共に天満宮の能順様にお会い為される手筈で御座います。」
「左様か。さてどの様に成りますかな、何せ小松天満宮は利常公の云わば根城。」
「それ故に、師匠も発句奉納をと。」
「そなた達の当藩滞在には、加賀本藩も心穏やかではない。別当能順は並みの御方では御座らん。さて、万子の立場も此処はちと、厄介な事になるわ。」
「天満宮には矢張り遺物が残って居りますか。」
「なあーに、お主達が伊達様の瑞巌寺で見られた様なもので、さて此処は能順様のお手並み拝見と云う処ですか」
「発句奉納には至りませんか。」
「左様じゃな。天神様の境内に、梅林院を訪ねる事になるが、先ず、門前払いじゃろう。」
「さて、弱りましたな。奥には入れませぬか」
「奥にも庭にもむりでしょうな。」
「洒落を云う時では御座いません。」
「左様で。庭には等身大の灯篭が。」
「で、矢張り伴天連の印が」
「十字が一目で判る様にな。」
 
a0151866_18465838.jpg
a0151866_18502313.jpg
a0151866_18531431.jpg

[PR]

# by hirai_tom | 2010-07-08 00:41

12-2   

2010年 07月 05日

 戌の刻、泉屋奥座敷   
一芭蕉・曽良・北枝・自笑・桃妖一

「御師匠様。明日はいよいよ御立ちの日と成りました。御名残り惜しゅう御座います。」
「随分長い間御世話を戴きましたな。皆様方に余りに良くしていただき、ついつい帰る舟を失いかけて居りました。御蔭さまで曽良の身体も癒えました。御蔭を持ちまして明日は心置きなく旅立つ事が出来ます。」
「御師匠の仰られるとうりに御座います。去れど、今日で山中の長湯と別れるは何とも心残りに御座いますなあ。」
「今宵が最後の上げ湯と思うと、格別の想いじゃな。皆様方にはお礼の句を贈らねばな。」
 翁、餞別の句を詠み、桃妖に渡す。
    “湯の名残今宵は肌の寒からむ”
「是は誠に有難き事で御座います。久米之助、明日は皆の衆にもお披露目せねばな。」
「伯父御様。町衆も喜びましょう。」
 北枝も続く。
    “きくの里みるたびなかむゆの名残”
「誠に名残が尽きぬが、山中湯には町衆が。金沢にはこの様に北枝を始め良き衆が居る。明日出向く小松にも頼もしき仲間衆が募る。加賀は“天下の書府”と豪語する所以じゃな。」
「御師匠。町衆は別として、天満宮の御方には心をお配りせねばと。」
「何々、同じ道を歩む者同志、構えるものでもなかろう。」
「去れば、今宵は曽良様と打ち合わせも御座いましょう程に。」
「其のように致しましょう。昨夜も三日月は逃しましたが、今宵も此の雨では句も浮かびませぬ。此処は御師匠に先んじて美濃の衆と名月をむかえる事と致します。」
「そなたには相済まぬ事と成ったが」
「“同行二人”の御二人に御座います。別々に御歩かれても想いは御一つ、処は違えども同じ名月を見られる事で御座いましょう。」
[PR]

# by hirai_tom | 2010-07-05 16:15

古九谷余滴       ⑤   

2010年 06月 28日

               古九谷余滴             ⑤

  第35回 古九谷修古祭の『基調講演』テーマ≪古九谷様式って、何?≫で石川県立美術館館長 嶋崎丞氏の講演がありました。
 伊万里論者は『古九谷』が余りにも素晴らしので“古伊万里様式”とはせずに“古九谷様式”としている。これも一時的なものでしょう。として、平成四年元旦の嶋崎館長宛の故、楢崎彰一氏の“賀状”が紹介されました。
 賀状には「伊万里論者の暴走も一時的流行で、私は案じておりません。土の香りを知らぬ都会人には感覚的なものが欠如しています。」とありました。
 平成三年の東洋陶磁学会に於いて、嶋崎氏らの不在の(欠席裁判?)形で『古九谷』抹殺論が展開され、決議?(何の学会かは知らぬが、問題を提起し、議論を戦わすことが使命であるはず。)成された年末に書かれた、学界の長老格の楢崎氏からのもので、嶋崎館長は、氏が亡くなられたので公開しましたとの事でした。
 又、石川県内で個人の方がお持ちで有った“白生地”も紹介されました。『古九谷青手樹木図平鉢』と同じ物と考えてよいのではとの事で、“九谷”出来のものか“山辺田“の物か議論されるべきもので、どちらにせよ加賀には伝世古九谷の素地が存在した証拠との事。
        
a0151866_1856256.jpg
a0151866_18564352.jpg


 
[PR]

# by hirai_tom | 2010-06-28 12:11

12-1   

2010年 06月 26日

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
(↑ポチッと)
 八月 四日 (陽暦 九月 二十七日)
               朝、雨止。巳ノ刻、又降而止。夜入、降。

「御師匠。御目覚めで御座いますか。昨夜は随分と疲れました。」
「はいはい、私も同様で。昨夜からの雨で、ちと、気が滅入って居りました。」
「はて、曽良様は。」
「何、矢張り此の雨が応えたようで。朝湯の様ですな。」
「さてさて、山中の朝湯が、すっかり身に付きましたかな。」
「さて、如何したものかな。明日は、吾等は小松へと戻る旅立ちだが。曽良も一足先に大正寺へとな。」
「曽良様の御身体が気に掛かりますかな。」
「む。其処での相談じゃが。三吟は昨夜までと致すして。」
「続きは御師匠と私とでと云う事で。」
「何せ、此処は一つ曽良との別れ故、格別に“三両吟”も一興かと」
「流石は御師匠。私に異存が有る筈も御座いません。」
「いざ出立つとなれば、曽良も何かと身支度もと思うてな」
「曽良様には左様に。」
「曽良はその様にと」
「御師匠、昨夜は随分と湯女を待たせてしまいました。」
「それは、気の毒を致しましたな、
       ”手枕にしとねのほこり打ち払ひ”       翁
如何ですかな」
「これは参りました。」
「左様かな」
「今朝は、早速まいりましょうか」
   翁と北枝の歌仙となる。
       ”うつくしかれと覗く覆面”            北枝
「さてさて、湯女はほっ被り、此の地では獅子とな、ここは・・・若衆といきましょう。」
   この様にして、山中湯での”翁直しの三両吟”が巻かれていった。
       ”つぎ小袖薫(たきもの)うりの古風也”    翁
         (此句に次四五句つぎて、しとねに小袖気味よからずながらなおしがたしとて、其儘におき玉   ふ。)
       ”非蔵人なるひとのきく畠”           仝
         (我、此句は三句のわたりゆへ、向へて附玉ふやと申ければ、うなづき玉ふ。)
       ”鴫ふたつ台にのせてもさびしさよ”     北枝
         (はこびよしと称し給ふ)
       ”あはれに作る三日月の脇”          仝
         (かくなる句もあるべしとぞ。)
       ”初発心草のまくらに旅寝して”        翁
         (かゝる句は、巻ごとにあるものなりと笑ひ玉ふ。)
       ”小畑もちかし伊勢の神風”          仝
       ”疱瘡は桑名日永もはやり過ぎ”       北枝
       ”ひと雨ごとに枇杷つはる也”          仝
       ”細ながき仙女の姿たをやかに”        翁
         (我感心しければ、翁も微笑したまふ)
       ”あかねをしぼる水のしら波”          仝
       ”仲綱が宇治の網代とうち詠め”       北枝
         (此句も、一巻のかざりと笑ひたまふ。)
       ”寺に使をたてる口上”              仝
       ”鐘ついてあそばん花の散りかゝる”      翁
         (ちらばちれと案事侍れど、風流なしとぞ。)
       ”酔狂人と弥生くれ行”              仝
         (其人の風情をのべたるなり。されど挙句は心得あるべしとしめし玉ふ。)
[PR]

# by hirai_tom | 2010-06-26 21:39

11-8   

2010年 06月 25日

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
(↑ポチッと)
   芭蕉は此の付句で迷うて推敲を。
「はて、今一つじゃな。」
「左様ですかな」
       “手枕に軒の玉水詠め侘び”
「如何にも落ち着きませんな」
「さて、前句に対しては手枕はうつりがよいと思うが、如何も巧くない。ここは北枝に預けると致そうか」
「さて、弱りました。」
      “手枕もよだれつたふてめざめぬる”
「いけませんな」
「左様で」
      “手枕に竹吹きわたる夕間暮”
「さて、如何にも。」
「さてさて、随分と疲れました。今日の処は此処までに致そう。」
「よろしいかと」

 
[PR]

# by hirai_tom | 2010-06-25 01:05